EXよう

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 第1回生姜杯 18R,19R TOPEX ≫ 第1回生姜杯 18R,19R

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

第1回生姜杯 18R,19R

第18R 都市1400
内に逃げ4羽、差し追い込み羽が外とTACが内外で綺麗に分かれました。
逃げ4羽がスタートから飛ばし、コーナーでデスペナルティがスパート。
逃げ切るかと思われましたが、追い込んできたラナンキュラスが1着でゴールイン。
エリニーさんが3羽目に突入し、遅れを一気に取り戻す形となりました。
リバーサイダー、ホウライニンギョウはA3的にもこの辺りで抜け出したいところですがはたして。

第19R 密林1200
逃げ4羽のうち、かかりを活かしてハナを切ったのはレッドアイオロス。
そのおかげでリバーサイダーは1枠ながらもやや外目でスパートする形に。
それをデスペナルティ、レッドアイオロスが内から、ソルビットが外からリバーサイダーを追いかけました。
レッドアイオロスは最内+良いタイミングでしたがデスペナルティと能力の違いが出ましたね。
最後は突き放してのゴールでスターさんが2人目の勝ち抜けを決めました、おめでとうございます!

・レッドアイオロスの反省点(前回書くのを忘れてました)
祭り10以上は最低限必要だったかもしれませんね。
ましてや加の高い差し、追い込み羽が多いのでギリギリまでサブで補正したかったです。


2人目の勝ち抜けが決まり、残り6人で最後の勝ち抜けを目指した争いとなります。
逆転勝ち抜けか、それともリードを奪い返すのか、残りのレースも楽しみですね。
スポンサーサイト

Comment

どうもありがとうございます!
編集
レッドアイオロスはなかなか追いつけない展開ですね・・。

もしかしたらお分かりかもしれませんが
19R、デスペナルティ(適スパ)とほぼ同時にレッドアイオロスがスパートした
という事は、レッドアイオロスは早スパなんですよね。

それでも健闘してますから是非頑張ってほしいですね。
2014年08月03日(Sun) 22:59
No title
編集
加速についてちょっと甘く見ていたのかな~と反省ですね~。、
先瞬らしくスパっと切れるときは切れるのですが・・・。
可能性はゼロでは無いので今後も頑張ってほしいですね。

↑に書いてある良いタイミングは普段他の方が良く使用されている、適早遅スパではなく
羽主としてその羽に良いと思うタイミング、レース展開を考えてのタイミングのことでした^^;
今回はスパートのタイミングもそうかもしれませんが、羽自体の能力も差があるので脚色が違ったのかな~という考えですね。

何はともあれ勝ち抜け2番目おめでとうございました!
2014年08月04日(Mon) 00:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。